Since1997

ダンススクールのはじまりは、
ダンスレッスンからではありませんでした。

トムボウイ・ダンスインスティテュートを開校する以前、広告代理店の業務の一環として行っていた、テレビ、コマーシャル、アーティストのミュージックビデオ、イベントなどの中にヒップホップ、ブレイキングなどのストリートダンサーを起用する演出がありました。
当時はバレエやジャズダンスが中心の教室が多く、ストリートダンサーと呼ばれるダンサーは少人数。
絶対数が少ない訳ですから、採用されるダンサーも決まってきてしまいます。

ビジネスショーなどでは、異なる企業ブースを同じダンサーが時間差で出演し、ライバル会社を同日・同じ空間内でプロモーション演出するという事態にまで発展。

そのような事態を解決するべく、次世代のダンサーを育成するために誕生したレッスンスタジオが『トムボウイ・ダンスインスティテュート』でした。


ストリートダンスを中心とするレッスンは、出演実績と共に生徒も次第に増えていきました。

ただ生徒たちは、ダンサーとしての先生、インストラクターのストリートスタイル…要するに先生率いるダンスチームやユニットとしての本来の活動、姿はほとんど知りません。
ストリートダンサーといえば、当時、一般ではあまり知られることがなく、メジャーとは言えなかった「クラブ」を拠点としての活動が多く、とくに未成年は深夜に開催されるダンスイベントは入場すら出来なかったので当然です。

そんな中、真のダンサーとしての先生の姿を観てもらおうと、ダンススクール発表会は敢えて、昼間のクラブを貸し切り開催。

ゲストとして、先生率いるダンスチーム、ユニットを招き、生徒と同じステージにてパフォーマンスをしてもらうことにより、ダンスシーン、クラブの雰囲気を生徒にも体感してもらいました。

生徒と共にクラスも増えていき、発表会も年1回が、年2回…となり、クラブと従来の発表会スタイルの座席のある大ホールと交互に開催。

そして発表会以外にも、もっと生徒の発表の場を増やせないかと考え、スタジオと同ビル内に隣接(環境によっては併設)した、クラブ、ライヴハウス、イベントホールを併設。

舞台音響・演出照明・映像設備などを完備し、気軽にレッスン成果を発表できる場となりました。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

中には、イベントの運営に興味を持ち、企画から提案し開催する生徒も現れ、今ではプロとして、イベンター、音響エンジニア、照明プランナーなど、イベント関係の仕事に携わる生徒も少なくないと報告を受けております。

パフォーマンスの方もダンスを昇華させ、出演スキルと共にダンサーとしてだけではなく、ひとりのアーティストとして、芸能プロダクションへ所属し、デビューした生徒も数多くおります。

デビューした生徒の中には「アイドル」を目指すものもおり、地域活性化プロモーションの一環として、地域拠点ごとのスタジオが「ご当地アイドル」としての共同プロジェクトもスタート。
県・市などの公共事業もアイドル性を活かし活躍中です。

1997年に創立した『トムボウイ・ダンスインスティテュート』は今では、元生徒もダンサーとしての経験・実績を積み、今度はレクチャーする立場のインストラクターとなり、スローガンである

本番が一番の上達への近道

を築き続けております。

今、ご覧頂いているほとんどの方は、ダンスに興味がある方だと思います。
この機会に一緒に『トムボウイ・ダンスインスティテュート』で、ダンスから個々の表現を経験してみませんか?

心よりお待ち申し上げております。